コンテンツへスキップ

葬儀は人生の最後の締めくくりとでも言うのでしょうか。葬儀は誰しも必要なものです。おめでたい事ではないので、やはりあまり考えたくはありませんが、葬儀をするなら華やかに、ひそやかにと、人様々ですよね。

ところで、家族や自分が最後に出来る葬儀とは何でしょうか?誰でも葬儀に慣れてる方は居ないと思います。ですから費用はもちろんプランにも悩む人は多いでしょう。

ですが今はどこの葬儀屋でも大抵、希望に合った葬儀プランを用意しており、アフターフォローも万全です。葬儀について考えてみようと思う方は是非、万全のアフターフォローの葬儀屋をチェックしてみましょう。

普段健康的に生活していれば葬儀の事など真面目に考える機会は少ないかと思います。でも、人が生きていれば、誰しもが経験する葬儀。

できれば向き合いたくないものですが、葬儀をするなら華やかに、ひそやかに等、人それぞれですよね。できれば故人の希望にかなうような形で進めたいと思うことでしょう。

また、葬儀同様に自分のお墓は自分で決めたい、という人も多いでしょう。生前に気に入ったものを考えておくと安心ですよね。霊園も同じように、自分の好きな場所を選びたいと思いませんか?

霊園やお墓に私が求める事は、自然の多いところです。且つあまり面倒なところでなくて家族が足を運びやすいところがいいですね。ですから今から霊園にまつわるエピソードも聞いておくといいですね。参考になると思います。

鼻がとにかく低いのが悩みです。だいたいの人にはある鼻筋が、まったくありません。昔メガネをかけていた時には、すぐずれてきてしまいストレスになっていました。

それだけが原因ではないですが、コンタクトにしてそのあとレーシックをしました。
鼻筋がないと、平たい顔付きになるのでその上目も大きくないので、幸薄顔だと言われることあります。顔が濃い旦那には、小馬鹿にされるのが腹が立ちます。

せめて、化粧をするときには少しでも誤魔化そうと鼻筋にハイライトをいれたり、ノーズシャドーを入れて誤魔化そうとしますが、やはり限界があります。真正面は、なんとなくマシに見えることができても、横向きになると一目瞭然です。普通の人が鼻筋で出ているはずのところが、むしろへこんでいて、頬骨の方が出っ張っているような感じです。

なので人に横顔を見られるのが嫌だけれど、普通に生活していくのに、そんなことは言ってられないので見られないようにするのは不可能です。自分でも、常に気にしている訳ではないけれど、鏡を見る時、朝化粧をする時、一対一ではない数人の人と話している時、ふとした時、鏡で見る自分の横顔を思い出し、ブルーな気持ちになります。

なので、合コンにも行けませんし、男性と話すのさえも苦手になってしまいました。このままでは結婚できない・・・と思って、ついに結婚相談所に登録をしてみました。(参考※結婚相談所高松市)結婚相談所は結婚に真摯な人ばかりなので、顔以外の部分で選んでほしいな・・・。

何かの拍子に、顔をぶつけた時、普通の人は鼻をぶつけるのだろうけど、私はおでこを強打します。太っているなら、努力すれば痩せることができるし、毛深いなら脱毛することができます。でも、骨格は自分ではどうすることもできません。顔隠して生活するなんて事も不可能です。

さすがに整形までする気はありませんが、整形する人の気持ちは良く分かります。その自分の努力でどうにもできない事に対して、人から色々言われるのは、傷つきますし、酷いなと思います。鼻が高くなる、なんてしょうひもあったりしますが、骨の問題なんだから、それも気休めでしかないでしょう。そんな悩みに漬け込んで、効果が無いものが売られているのにも腹が立ちます。

 

結婚して東京都府中市に嫁いできた主婦3年目のM子です。

結婚した友達が話していた事で印象的だったことがあります。
ご主人にバレンタインデーのチョコレートや誕生日プレゼントをあげている?といった話になりました。

友達はその時は専業主婦で働いていませんでした。
だから自分のお金ではないので、一切そういったプレゼントをあげてないと言っていました。
結婚してまだ2,3年の頃だったので、その時点できっぱりとプレゼントはあげないと決めていたのも随分と潔いと思いました。

結局は、ご主人が稼いだお金でチョコレートやお誕生日プレゼントを買うことになるので、なんか複雑なんだよねと言っていました。
自分が結婚する前に貯金しておいたお金で買ってもいいのだけれど、それは子どものために取っておきたいと言っていました。

専業主婦になって困るのはやはり、自分だけのために使うお金ですね。毎月の美容院代金、エステ代、ママ友と付き合いのランチです。私も脱毛に通っていますけど、なるべく安く脱毛できるように色々探しました。

※参考にしたサイト・・・https://fuchunodtm.com/

自分だけのために使うお金なので、やはり気が引けるというか、罪悪感がありますよね。
でもそれは主人の稼ぎの中の自分のお小遣いの中でやりくりすれば、気持ち的にも金額的にもOKです。

一番お金に困ることと言えば、やはり子供のためにかかるお金です。
子どもが幼稚園、小学校に行っている時はお金の貯め時だからしっかり貯金しておきなさい、とよく周りの先輩のお母さんに言われていました。

その意味は、子供が中学生になってから身に染みて分かるようになります。
学習塾の費用などが家庭に重くのしかかってくるのです。
冬期講習、夏期講習の費用ともなると家族で海外に旅行に行けるような金額になります。それは必要経費という事なので仕方がありませんね。

その他に学校の費用として入学、卒業の年にはいつもよりも出費が重なり大変です。
今話題になっている制服代ですね。
確かに高いと思います。
義務教育なのに、こんなに制服代が高いなんてと思います。
しかし、制服は学校のリサイクルなどをうまく利用したり、卒業する友達のお子さんの制服を譲ってもらうことで解決もできます。

現在は専業主婦の数よりも共働き夫婦の数の方が多い時代です。
そのため、配偶者控除が廃止になるなど税金に関しても色々と変わっていきます。
税金は支払う時はお知らせがきて確実に取られますが、補助や援助を受けるにあたっては自分で調べて手続きを行わないと支援を受けることが出来ません。
そして自分が住んでいる自治体によって、そのシステムはかなり違います。

私の住んでいる府中市では所得制限はありますが、中学生の給食費の免除のシステムがありとても助かりました。
お金のやりくりに困った時には、自分の家庭が自治体から受けられる金銭的な援助を調べて見るのも、一つの方法だと思います。